大判プリンターの価格に関する記事。 TOP

このサイトについて

社内に大判プリンターを導入しようとお考えの業者様は多いと思います。
価格は決してお安いものではありませんので、ご購入前に、以下を参考にしてください。

実物の大判プリンターをご覧になったことはあるでしょうか?
名前が大判というだけあって、非常にサイズが大きくなっています。
用紙サイズによってもサイズは異なりますが、例えばB0サイズの大判プリンターの場合、普通自動車と同じ幅になります。
数値にして、平均1500mmから2000mmあると言われています。
ですので、導入の決定と同時に、設置場所をあらかじめ確認しておかなければなりません。

さらに、搬入経路の確認も必要になってきます。
サイズの大きいプリンターで、なおかつ精密機器になりますので、慎重な搬入が求められます。
1階部分への設置よりも、2階以上の設置の方がより注意しなければなりません。
多くの大判プリンターがエレベーターに乗りません。
そのため、搬入には人力での運び上げ、もしくはクレーンでの吊り上げという方法になります。
人力での運び上げの場合は通路幅がじゅうぶんあるか、クレーンでの釣りあげの場合は窓のサイズがプリンターより大きいか、を調べておかなければなりません。

場合によっては追加費用がかかってしまうケースもありますので、搬入前にきちんと確認をしておきましょう。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    低コストで電話回線を申込む場合におとくラインへ質問を考えているなら、多くの疑問に対する答えを記載しているので、申込み前の疑問を解決する事が出来ます。
    Copyright(C) 大判プリンターの価格に関する記事。 All Rights Reserved.