A2プリンターの特徴。

大判プリンターとして挙げられる、「A2サイズ」について詳細をご説明いたします。

A2は、420mm×594mmとなっています。
A1の半分のサイズになります。

A2サイズの大判プリンターの場合、各プリンターのメーカーによって表現方法が若干異なります。
「A2 PLUS」という名前だったり、「A2ノビ」という名前が付けられています。
最大用紙サイズはメーカー問わず432mm幅で統一されています。

新品、中古、リースそれぞれの価格の一覧は、以下になります。

●新品の場合

メーカー問わず、およそ20万円前後。

●中古の場合

メーカー問わず、およそ6万円前後

●リースの場合

メーカー問わず、およそ5000円前後

となっています。

A2サイズの大判プリンターは、企業以外にも写真家の方々にも広く使われています。
現像所ではなく自分でプリントしたいという方が好んで使用しています。
近年はプリンターの性能が驚くほど向上したため、現像所に依頼せずとも自分自身で編集を重ねながらプリントできるという点が魅力のようです。

また、インクの進化も進んだため、劣化が最小限に抑えられるようになったことも写真家が愛用する理由のひとつです。
特殊なインクを使用すれば、階調性を上げつつ色域を広げていくことも可能です。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 大判プリンターの価格に関する記事。 All Rights Reserved.