大判プリンターの価格に関する記事。 TOP > コンテンツ一覧 > 大判プリンターのリース契約のメリット。

大判プリンターのリース契約のメリット。

大判プリンターを会社に導入する方法のひとつに、リースがあります。
リースとは、簡単に言えば大判プリンターのメーカーやショップとの賃貸取引のことです。

企業の9割がリースでプリンターを導入していると言われています。
なぜ、9割もの企業がリースという形態を取るのでしょうか?
そのメリットについてご説明いたします。

●格安で導入できる

新品や中古と比べてもかなりの価格の安さでリース契約を結ぶことができます。
しかもリースは長期間の契約になるため、月々の支払いが安くありながら新品の大判プリンターが使用できるのです。
また、リース料は会社の経費として処理できるという点も非常に大きいと言えるでしょう。
会社の資金を気にせずに効率的に運用することができます。

●一定期間で最新モデルに換えることができる

大判プリンターの場合、数年もすれば時代遅れの型となるケースが多いです。
リース契約なら、常に最新モデルを使用することができます。
リース会社によって最新モデルのリース再契約を促してくれるところもあります。

●事務手続きはリース会社が行ってくれる

固定資産税の申告、減価償却費の計算といった資産所有のための事務手続きはすべてリース会社が行います。
そのため、会社としてのこれらの事務を省略することができます。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 大判プリンターの価格に関する記事。 All Rights Reserved.